『魚と眠る』

 魚は鳴かない。歌わない。
 魚は回る。くるくる回って、虹を奏でる。

 ドーナツフィッシュを飼っている。細長いからだをひたすらに旋回させてきれいな円を描く様からその名がつく。そして四方に入り組んだギザギザのひれが水を切り、回れば回るほどに豊かな旋律を響かせる。品種ごとの共通性はあれども、その音色や旋律は、一匹一匹で異なる。それ故にコレクターが世界中にいて、かつては私もその端くれだった。
 今は水槽に一匹だけが泳いでいる。アスールという種で、ブリードはさほど稀少でもないが、ワイルド種は珍しい。淡々と、物憂くも甘い旋律を水槽のなか刻みつけるこの一匹さえいれば、今の私には十分である。ナナという名をつけた。
 日に三度、ナナは回る。朝と昼とそして夜、眠る前だ。ひとしきり回り終えると、ナナは眠る。その旋律が鳴りやむのを認めて後、私も眠りにつく。
 鳴りやむ前に寝入ってしまうことも、近頃は増えてきた。昔に比べ、旋律もずいぶんとゆったりしてきたようにおもえる。ナナも私も、歳をとった。
 ベッドに横たわり、まどろみながら耳を傾ける。やがて見るのは虹の夢だ。ナナ。妻の名。おやすみ、ナナ。



『おどっている』

 ぼくはいつも
 ぼくはいつも
 音楽のこと ばかり
 ばっかり 考えている
 いや 考えていない 想っている
 いや 想っていない 夢みている
 いや
 どれも本当で
 どれもうそみたいだ けれど
 ぼくはいつも
 音楽のこと ばかり
 ぽっかり あいた あなのなかに
 ひびかせている
 いや かってにひびいている

 音楽は なにしろ すてき
 どろどろの 泥にもなるし
 さらさらの 泡にもなるし
 ふわふわの 鳥にもなるし
 しわしわの 性器にもなる
 音楽は もうずっと
 ずっと前から
 ぼくの来るのを 待っていた
 いや 待っていない ただ わらっていた
 そこ でもなく どこ でもなく
 大地で 海で 宇宙で
 朝で 夜で 夏で 冬で
 とおい過去で はるか未来まで
 どんどこどんどこ なっているんだ

 ぼくはいつも
 ぼくはいつも
 音楽のこと ばかり
 かなしいくらい
 わすれるくらい
 いきてる かぎり
 死なない かぎり
 あまりに すてき
 な ばっかりに
 気がつけば
 だれもいない
 音楽を履いた
 地球のうえで



『花はどこへ行ったの』

 おばけ屋敷に、おばけが住んでいる。
 おばけは小さな花を愛でている。花は、暗がりに置くとほんのり光る。そして、近寄るとおばけそっくりの姿をその光の中に浮かびあがらせる。おばけは屋敷の至るところに花を飾りつけていた。
 ある夜、屋敷に青い鳥が迷いこむ。追っ手から逃げている最中だった青い鳥は、無我夢中で階段の陰に身をかくした。すぐさま追っ手が屋敷を訪れ、屋敷内を物色する。階段の前まで来た時、傍にぼうっと浮かぶ青い鳥を見つけると、追っ手はそれを乱暴につかんで屋敷を後にした。
 物陰から出てきた青い鳥は、ほっと安堵のため息をつく。追っ手がさらっていったのは、青い鳥の姿を映した花の方であった。
 今度は青い鳥が屋敷内を物色し始める。そして花をひとつ残らずかき集め、持ち去ってしまった。
 朝になり、おばけは花がなくなっていることに気づいた。
 おばけは声をあげて泣いた。その声は周囲にも届くほど激しく、本当に哀しそうな音色で響いた。おばけ屋敷の噂は広まり、肝試しに訪れる者も中にはいた。しかし訪れる誰もおばけの姿を見ることはもうない。ただ哀しい泣き声だけが聞こえてくる。



コトリの宮殿「もうすぐオトナの超短編」氷砂糖選・自由題部門 優秀賞


『かたつむりの唄』

 あじさいの葉っぱの上で、かたつむりのトオンが眠っています。ながいながい夢を見ています。夢のなかでトオンは一羽の鳥になって、自由に空を飛びまわります。たかく昇ったかとおもえば、地面すれすれを滑空する。まっすぐ突っ切るかとおもえば、くるくると旋回する。空を飛ぶのはまるで一編のメロディにでもなったかのようで、トオンはたいへんうれしい心地でいました。
 しかし突然の雨によって翼が溶けてなくなるところで、トオンは眠りから覚めてしまいました。飛ぶことなど到底かなわない、いつもののろい自分です。トオンはたいへん哀しくなりました。
 このツノが、もしも翼だったならば。
 トオンはめいっぱいにツノをのばすと、落ちてくる雨音のリズムに合わせて左右に振ってみせました。トン、トン、トーン、とトオンは空想のメロディを飛ばします。
 その時でした。ふつっと雨が止み、代わりに、ひときわ暗い影が葉っぱの上に落ちました。のばしたツノのすぐ先で、一羽の鳥がくちばしを開いています。
 ああ、きっと生まれ変わったら、わたしもあなたになるんだ。
 心底そう願いながら、トオンはゆっくり目を閉じました。ながいながい夢のつづきを見るために。



コトリの宮殿「もうすぐオトナの超短編」氷砂糖選・兼題部門(テーマ・お伽話)優秀賞

 

『タルタルソース』

 雪が嫌いで嫌いも嫌いで嫌いがすぎて嫌いなあまり、雪に解けない呪いをかけた。
 以来、南極アラスカシベリアヒマラヤストックホルムグリーンランド、寒い地域の至るところに、エビ型のUFOが飛来してくる。



『学名:ヒノデ』

 水平線から空に向かって這いのぼっていくのを指さして「あれが件のかたつむりだよ」と地球の友達が教えてくれた。



もうすぐオトナの超短編 千百十一選・自由題部門 投稿作

『EVIL』

 齢八十に達した頃、突如として世界が逆流を始めた。
 冬のあとには秋が、秋のあとには夏が、夏のあとには春が、そして春のあとには冬が。一秒一秒、未来へと進んでいた世界が、一秒一秒、過去へと後ずさっていく。
 それにつれ身体も若返る。まもなく訪れるはずだった死は生へと転換され、そして生は死へと変わる。すなわち赤ん坊からひと粒の種へと戻る時が、死を迎える時であると。
 逆流するこの世界では、己の寿命があらかじめわかってしまう。
 現在(時計の針が右回りであれ左回りであれ、ただ現在だけは変わらず現在であり続けるらしい)、齢四十にまで遡った私は、旧年を迎える準備をしている。年越しに雑煮を食べ、旧年祝いに蕎麦を食べる習慣にももう流石に慣れたものだ。
 生活には慣れても、どのみち生きることに慣れはしないと思い知る。ならば残り半分、せいいっぱいに全うするのみ。この逆流を、私は生きる。ただ生きる。
 まもなく年が変わる。四、三、二、一、変わった。十二月三十一日。暮れましておめでとう。



もうすぐオトナの超短編 千百十一選 兼題部門(テーマ「年の暮れ」)投稿作


『BIRTHDAYS』

「誕生日おめでとう」
「ありがとう」
 双子の姉弟ミソカとガンタは、こたつでお蕎麦を食べている。
 ミソカはかまぼこを口へと運び、ガンタは汁をすすり飲む。
「美味しいかな」
「美味しいよ」
 双子の姉弟ミソカとガンタは、こたつでみかんを食べている。
 ミソカは三つめに手をのばし、ガンタは四つめの皮をむく。残るみかんはあと二つ。
「あと何時間?」
「あと一時間」
 双子の姉弟ミソカとガンタは、こたつで並んでテレビを観る。
 ミソカはテレビの時計を見つめ、ガンタもテレビの時計を見つめる。九、八、七、六、
「五」
「四」
「三」
「二」
「一」
「誕生日おめでとう」
「めでたいかな」
「めでたいよ」
「ありがとう」
「いくつになった?」
「あんたとおなじ」
「そうか」
「そうだ」
「それじゃあ」
「それじゃあ」
『あけましておめでとう』



もうすぐオトナの超短編 千百十一選 兼題部門(テーマ「年の暮れ」)未投稿作 

『なんとなく』

 「ワン」と鳴くのは犬である。「ニャア」と鳴くのは猫である。「ヒヒン」と鳴くのは馬である。「メー」と鳴くのは羊である。
 「30」と鳴くのは何であろうか。
 ある寒い日のことであった。夕飯の買い物をすませて家路を急いでいると、今までに聞いたこともない妙な鳴き声がどこからか聞こえてきた。
 それは数字の「30」と鳴いているように聞こえる。立ち止まって声のする方を探ると、電柱の陰に何かがいる。犬か猫の類かと最初はおもったが、目をこらして注意深く見てみると、なにやら毛むくじゃらの謎の生き物がそこでうずくまっていた。
 体長は30センチほど、脚は短く、尻尾もない。代わりに頭のてっぺんからはフックのような角が生えている。新種の生き物であろうか。
 それはじっと動こうともせずに、ただ「30」と小さく鳴くばかりである。怯えているのか、それとも腹をすかせているのか。買い物袋のなかからハムを取り出して一枚差し出してみると、勢いよく飛びつき、一気に食べてしまった。そして私の足にまとわりついてきたので、そのまま連れて帰った。
 私はそいつを「サンジュ」と名づけ、飼うことにした。サンジュは私によく懐いた。共に暮らしてみると、サンジュの鳴き声が「30」だけではないことに気づく。楽しい時には「10」と鳴く。寂しい時には「20」と鳴く。機嫌のわるい時には「40」と鳴く。そして「30」と鳴く時は、甘えている時である。
 時々、サンジュは全身の毛を逆立てて、壁や天井を自在に走り回ったりする。そして毛の一部を長々と伸ばし、そこに角を引っかけて、ロープウェイのように壁から壁へ滑空したりもする。
 サンジュの顔を、私はまだ見たことがない。毛に覆われていつも隠れているのである。

 三年ほど共に暮らしていたがある日、帰宅してみると、サンジュはいなくなっていた。
 部屋を荒らされた形跡はなく、ただサンジュの角だけが床に落ちていた。
 私は、なんとなく察するものもあり、探すことはしなかった。クローゼットを開け、スーツと一緒にサンジュの角も掛けた。

 「ワン」と鳴くのは犬である。「ニャア」と鳴くのはネコである。「ヒヒン」と鳴くのは馬である。「メー」と鳴くのは羊である。
 「30」と鳴くのは、サンジュである。
 「300」と鳴くのは、何であろうか。
 暮れも押し詰まった大晦日の夜、戸を叩く音がした。そして戸の外から「300」と鳴く声がする。私は迷わず戸を開けた。
 体長は150センチほど、手足は長く、毛もすっかり抜け落ちていて、ようやく顔を見ることが叶った。頭には新しい立派な角が生えている。
 「エーン」と泣くのは子どもである。大人は声を押し殺して泣く。

「おかえり」

 もうすぐ年が明ける。来年は、良い年になりそうである。



『水色の散歩道』

 月曜日とは憂うつなものだと相場が決まっている。学校へ行く学生も、会社に向かうサラリーマンもみんな浮かない顔で歩いている。
 一方、犬や猫やおばけやドミノには学校も会社もなく、ましてや月曜日なんて概念もない。学生やサラリーマンが浮かない顔で歩くその横を、すました顔で歩いたり浮かんだりパタパタ倒れていたりする。
 今「何故ドミノ?」と思われたかもしれない。実は、あなたは気づいていないだろうが、ドミノはどこのどんな道にもひそかに並んでいて、常にパタパタ倒れているのである。
 稀に、ドミノの倒れる音を聴くことがある。ほとんどが一律のドミノの列に、肉厚のふっくらとしたドミノがまぎれている場合である。それはブギウギのリズムにも似て、聴けば憂うつな気分もすこし晴れる。
 もしも聴きつづけようとすれば、あなたは学校へも会社へも行く気が失せ、ドミノの倒れる先を辿っていきたくなる。不安と期待とが入り混じりながら辿るその道筋は、通称「水色の散歩道」と呼ばれる。そして行きつく先はひとつである。すべてのドミノは丘へと通ずる。丘にはブルーベリーが生っている。



calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
nonaiblues
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM